法務・税務税務調査は見逃さない

税制改正の焦点 ソフトバンクG念頭に 租税回避の防止に知恵=森信茂樹

    ソフトバンクGのように高度なテクニックを駆使した節税に国税は対応できない
    ソフトバンクGのように高度なテクニックを駆使した節税に国税は対応できない

     今年10月に消費税率が引き上げられたばかりであり、2020年度の税制改正は大きな改正はないと思われる。しかし個別に見ると三つのポイントがある。

     まず一つ目は、今年9月に自民党税制調査会長に甘利明衆院議員が就任した。会長が代われば、税制の哲学も変わる。甘利氏はグーグルやフェイスブックなど米国の巨大IT企業がデジタル経済の覇権を握っていることに危機感を抱いている。20年度の税制改正では、自社にない技術やビジネスモデルを持つベンチャー企業への投資に対して減税する措置の検討がテーマの一つに上がっている。

     また、大胆な事業再編を税制から支援することも検討されている。自社株を対価としたM&A(合併&買収)…

    残り1038文字(全文1339文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット