週刊エコノミスト Online勝つ 負ける地銀

インタビュー 森田敏夫 野村証券社長 「山陰合同銀行と野村証券が島根で証券業務を一本化する」

    森田 敏夫  野村証券社長
    森田 敏夫  野村証券社長

    ■お互いにウィンウィンの関係になれると思ったからだ。山陰合同銀行が持つ山陰地域での圧倒的なプレゼンスとブランド力は魅力的だ。我々が山陰地域でどれだけ頑張っても及ばないだろう。山陰合同銀行が約4兆円の預金を持つのに対して、野村の松江支店の預かり資産は約1500億円に過ぎない。

     リソースを考えれば、山陰地域で支店を増やすことは難しい。山陰合同銀行は島根県内だけでも74の支店を持ち、そこを経由して個人顧客にアクセスできるメリットは大きい。

     一方で山陰合同銀行は、野村が持つセールス力や営業ノウハウ、金融商品を活用できる。加えて、今回の提携は野村の既存のITシステムを活用できるので、システムコストを抑えられる。相乗効果が非常に大きい。

    残り1009文字(全文1325文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット