週刊エコノミスト Online勝つ 負ける地銀

インタビュー 野島廣司 ノジマ社長 「IoT時代にトータルな金融支援 地域経済活性化の手本になる」

    野島 廣司 ノジマ社長
    野島 廣司 ノジマ社長

    ■(1)地域が重なる、(2)スルガ銀はリテール(個人営業)が強い、(3)同行には新しいことに挑戦する文化がある──という三つの理由でシナジー(相乗効果)を生み出せると考えたからだ。

     両社とも静岡から東京は重点エリアで、特に神奈川の比重が高い。また、スルガ銀は法人の開拓よりリテールに注力している。多くの地銀が法人を優先する中で、手間のかかる個人を掘り起こしている点は独特だ。さらに住宅など各種ローン販売でリクルートと提携するなど新しい試みをしている。当社も、商品説明をメーカーの派遣スタッフに任せず自社の店員が行う「コンサルティングセールス」など独自の取り組みをしており、共通点は多い。

    ■これから協議を進めていく。IoT時代に…

    残り610文字(全文923文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット