週刊エコノミスト Online勝つ 負ける地銀

マイナス金利深掘り 収益は最大21%減少 8割超が預貸業務が赤字=吉沢亮二

    (注)各種前提条件は、日本銀行「金融システムリポート」や同銀行「2018年度の銀行・信用金庫決算」(2019年7月)などを基に筆者が決定。収益影響の試算は、市場連動とプライムは1年で全更新(初年度更新影響率50%)、固定は4年かけ均等に更新。例:初年度更新影響は12.5%{=(0%+25%)÷2)}する仮定で実施 (出所)各種資料を基に筆者作成
    (注)各種前提条件は、日本銀行「金融システムリポート」や同銀行「2018年度の銀行・信用金庫決算」(2019年7月)などを基に筆者が決定。収益影響の試算は、市場連動とプライムは1年で全更新(初年度更新影響率50%)、固定は4年かけ均等に更新。例:初年度更新影響は12.5%{=(0%+25%)÷2)}する仮定で実施 (出所)各種資料を基に筆者作成

    詳しくはこちら

     10月の金融政策決定会合で、日本銀行は政策金利を据え置き現状の金融政策の維持を決定した。

     一方で、日銀は、今後の政策金利引き下げの可能性を改めて示唆している。仮に今後、日銀がマイナス金利政策の「深掘り」に踏み切った場合、邦銀では貸出金利の低下などにより、収益性にさらに下方圧力がかかることから、筆者はその影響の大きさを試算した。

    残り1923文字(全文2095文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事