週刊エコノミスト Online勝つ 負ける地銀

「何もするな」 新規事業の収益化は困難 貸し出し回帰が生きる道=高橋克英

    りそなの再建は参考になる(Bloomberg)
    りそなの再建は参考になる(Bloomberg)

     低収益で業績不振にあえぐ地銀業界で、奇妙なことが起きている。(1)コンサルティング営業の強化、(2)信託業務の兼営、(3)地域商社や金融とIT(情報技術)を融合させた「フィンテック」企業の設立──と、“全方位的”に業務範囲を拡大している。これはまるで、好業績・成長企業の施策を見ているようだ。

    まずダウンサイジング

     本来、新規事業は「本業」が傾いている時にやるべきでない。そもそも地銀は、取引先の不振企業に対しては、選択と集中が大事で、本業に集中すべきだとアドバイスしているはずである。新規事業は、立ち上げにはコストがかかり、高い付加価値を出すノウハウも地銀にはなく、既存の競合相手もあり、収益化は容易ではない。

    銀行が今すべきことは、(1)本業への集中、(2)新規事業の凍結、(3)店舗と人員のダウンサイジング──である。本業の回復、業績の向上を果たした後に、新規事業の再検討や再開を実施すべきだ(図)。

    残り1532文字(全文1934文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事