マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 日銀短観12月調査(12月13日) 増税後の落ち込みはどこまで=上野剛志

    (注)「先行き」はそれぞれ前回調査における先行き(3ヵ月後)の見通し (出所)日本銀行「全国企業短期経済観測調査」
    (注)「先行き」はそれぞれ前回調査における先行き(3ヵ月後)の見通し (出所)日本銀行「全国企業短期経済観測調査」

     日銀短観12月調査の結果が12月13日に公表される。今回は10月1日に消費増税が実施されてから初の調査に当たる。

     前回14年の消費増税直後であった同年6月調査では、増税後の景気悪化を受けて、企業の景況感が幅広く明確に落ち込んだ。一方、今回の増税の景気への影響に関しては、「政府による手厚い対策に加え、駆け込み需要が限定的にとどまったことで、落ち込みはかなり限定的にとどまる」との見立てが大勢であった。

     しかしながら、既に公表された10月の経済指標を見ると、小売販売額や鉱工業生産などの多くで予想以上の落ち込みが見られる。増税後の景気の全容はいまだ不明だが、増税に輸出の低迷、台風19号による経済活動停止、日韓関係悪化に伴う訪日客の落ち込みといった悪材料が重なったことで想定以上の逆風となった可能性が高い。前回9月調査以降、米中摩擦緩和の動きやITサイクルの底入れ感など一部前向きな材料もあるが、今回調…

    残り274文字(全文675文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット