週刊エコノミスト Online勝つ 負ける地銀

東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行=編集部

東証改革は急務だが(Bloomberg)
東証改革は急務だが(Bloomberg)

「時価総額基準がどの程度になるかにもよるが、厳しくすれば、10行以上が対象になるだろう」。銀行アナリストは、金融庁の金融審議会で検討されている東京証券取引所の市場改革を注視する。注目点は、一定の時価総額基準で東証1部から「降格」することだ。

 市場改革は、「退出することなく、玉石混交となってしまっている東証1部の状況」(同アナリスト)を改善、優良企業に絞った“新しい東証1部”にくくり直し、内外からの投資マネーを集めるのが狙いだ。金融審は、東証株価指数(TOPIX)の対象を、現在の東証1部上場すべての銘柄とせず、新しい東証1部で構成する「新TOPIX」に衣替えするのが望ましいとした。

残り1357文字(全文1650文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事