週刊エコノミスト Online日本経済総予測 2020

焦点2020 ハイテク景気 5G需要本格化で半導体市況回復鮮明に=大山聡

    (出所)世界半導体市場統計よりグロスバーグ作成
    (出所)世界半導体市場統計よりグロスバーグ作成

     2020年は半導体市況の回復が鮮明になりそうだ。きっかけは、「5G(第5世代移動通信規格)」の登場だ。国内外で5Gの商用サービスが開始されるのだ。国内では既に、NTTドコモ、ソフトバンクなど通信各社が5Gインフラのための設備投資を加速させている。

     米国や中国など世界各地での5G立ち上げを受け、スマホメーカー各社は5G対応機種の出荷を始めようとしている。その半導体(SoC)を提供するのは米クアルコム、中国・ファーウェイ傘下の半導体メーカー、ハイシリコン、台湾の半導体メーカー、メディアテックなどで、各社のSoC供給計画を単純に合算すると約5億台の5G対応機が出荷される。各社はいずれも台湾積体電路製造(TSMC)に生産を委託する。TSMCでは、回路線幅7ナノメートルの半導体の生産能力増強に加えて5ナノメートルの量産ラインの準備を急いでおり、5G向けSoCの量産に対応している。

     19年の半導体市場は年初から低迷し、前年比で2ケタのマイナス成長が続いていた。特にメモリー市場の低迷が著しく、前年比4割前後のマイナス成長に落ち込んでいた(図)。5Gサービス開始を前にした世界的な買い控えで、19年のスマホ出荷が1~3月期も4~6月期も前年同期を下回り、スマホ向けのDRAMやNANDフラッシュメモリーの需要が低迷したことが主要因だ。メモリー以外の半導体も低迷はしているが、5%以内…

    残り814文字(全文1405文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事