経済・企業日本経済総予測 2020

焦点2020 コンビニ “24時間営業”の大転換期 ファミマは直営店拡大に意欲=河野圭祐

    ファミマは大手3社で唯一、直営店拡大に意欲的(Bloomberg)
    ファミマは大手3社で唯一、直営店拡大に意欲的(Bloomberg)

     コンビニエンスストアの24時間営業モデルが曲がり角を迎えている。

     小売業の中で群を抜く収益力の源泉は、フランチャイズチェーン(FC)による大量・スピード出店と、24時間年中無休の掛け合わせによる高収益だった。FCはセブン─イレブン・ジャパンが約2万1000店、ファミリーマートが約1万6500店、ローソンが約1万4700店。日本マクドナルドの約2900店、ドラッグストア首位のツルハホールディングスの約2100店と比べても、圧倒的だ。

     ただ、今後は人口減少が進み、人件費高騰や人手不足、FC加盟店オーナーの高齢化による後継者難なども重なる。加盟店料の減額や廃棄ロスの本部負担増、一律24時間営業の見直しに伴う物流体制の組み直し、といったコスト増要因は続く。各社とも加盟店支援による既存店の底上げに注力し、新規出店を大幅抑制するとなると、どう活路を見いだすのか。

    残り885文字(全文1266文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット