資源・エネルギー日本経済総予測 2020

焦点2020 エネルギー 「発送電分離」が促す業界再編=橘川武郎

    (出所)経済産業省資料などから編集部作成
    (出所)経済産業省資料などから編集部作成

     2020年4月、電力システム改革の仕上げとして、電力会社の送配電事業と発電事業を別会社にすることを義務づける「発送電分離」が実施される。東京電力・福島第1原子力発電所事故後、今日までの電力業界の動向を念頭に置くと、発送電分離を契機に電力業界に新しいビジネスモデルが登場するかもしれない。

     電気事業の真の中核的な競争力は、原子力や石炭火力などの発電力にあるのではなく、停電を起こさないための系統運用能力にある。電気は、基本的に生産と同時に消費しなければならない特殊な商品だ。発電は他の事業主体でも担うことができるが、系統運用は電気事業者にしか遂行できない固有の業務である。

     系統運用能力を中核に据えた「ネットワーク重視型モデル」が、電力業界に出現しうるのであろうか。筆者はその可能性が高いとみている。

    残り907文字(全文1257文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事