週刊エコノミスト Online日本経済総予測 2020

外需 米予防緩和で世界不況回避 設備投資主導で日本も底堅く=河野龍太郎

    トヨタ自動車の自動運転電気自動車「LQ」。次世代自動車への投資競争が激化している(東京モーターショーで)
    トヨタ自動車の自動運転電気自動車「LQ」。次世代自動車への投資競争が激化している(東京モーターショーで)

     米中貿易戦争を巡る不確実性の高まりで、各国の設備投資は先送りされ、2019年後半はグローバル経済の減速が続いた。20年もグローバル経済、日本経済は減速するのか。

     結論を先に言えば、米連邦準備制度理事会(FRB)が通常より早い段階で予防的な利下げを開始し、長期金利が大幅に低下したことがグローバル経済を早期回復に導く。米国経済は金利に敏感で、それ以上に株価に敏感だ。また、ドル金利低下は、過去10年でドル債務を大きく増やした新興国経済を米国以上に刺激する。中国経済減速の悪影響をかなり相殺するはずだ。

     過大債務気味の米国、新興国が、FRBの金融緩和でさらに借り入れを増やして支出し、グローバル経済が延命されるのだから、決して健全とは言えないが、グローバル不況は回避されるというのが、筆者の基本シナリオだ。それに伴い20年の日本経済は底堅く推移するだろう。以下、詳しく述べよう。

    残り2029文字(全文2417文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット