経済・企業日本経済総予測 2020

企業倒産 厳しさ増す返済猶予  「ゾンビ企業」延命は限界=丸山昌吾

    企業倒産に増加の兆し(Bloomberg)
    企業倒産に増加の兆し(Bloomberg)

     これまで減少傾向をたどってきた企業倒産に、増加の兆しが見え始めた。2019年の企業倒産は1~11月の累計で7646件で、前年同期(7436件)から2・8%増加。19年の年間倒産件数は前年から増える見通しだ。

     倒産件数は00年以降、リーマン・ショック直後の09年に1万3306件と最多となって以降は減少傾向をたどってきた(図1)。大型倒産は少なく、小規模倒産が大半を占めてきたが、倒産件数の減少に底打ち感が出てきたほか、負債1億円以上の中規模倒産が10年ぶりに増加する公算が大きく、これまでの動向が変わる兆しが出始めている。

     そうした中で倒産が増えてきたのが、サービス業だ。16年に前年比0・6%増と5年ぶりに増加して以降、3年連続で増えている。19年も1~11月の累計で1802件で、前年同期(1780件)をわずかながら上回っている。

    残り1704文字(全文2072文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット