【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治世界経済総予測 2020

米国大統領選 深まる分断はトランプ氏に有利 大接戦で遠い「ノーサイド」=安井明彦

第45代大統領 ドナルド・トランプ氏(Bloomberg)
第45代大統領 ドナルド・トランプ氏(Bloomberg)

 大接戦となった2016年の大統領選挙から3年強が過ぎ、米国は大統領選挙の年を迎える。対中貿易摩擦や大統領弾劾騒動など、激動の時期を過ごした米国だが、世論調査から浮かび上がるのは、前回選挙のまま、時計が止まったような分断の構図である。

 象徴的なのが、トランプ大統領の支持率だ。就任当時から40%を挟んだ狭いレンジで推移している。トランプ大統領への支持は広がらないが、岩盤のような支持層が揺らぐこともない。支持率の低位安定ぶりは、過去の大統領とは対照的だ(図1)。

 トランプ政権の下で、党派間の分断は修復が難しくなっている。移民に厳しいトランプ大統領の政策は、ブルーカラーの白人の支持を引き留める一方で、ヒスパニックや黒人の離反を促す。気候変動対策や銃規制など、今日的な課題への関心の低さは、変化を嫌う高年齢層には受け入れられやすいが、若年層は反発を強めている。

残り1780文字(全文2160文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事