国際・政治世界経済総予測 2020

英EU離脱 保守党圧勝で大きく前進も 「連合王国」に解体リスク=石野なつみ

    総選挙では勝利したが……(ジョンソン英首相)(Bloomberg)
    総選挙では勝利したが……(ジョンソン英首相)(Bloomberg)

     英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)が最大の争点となった、英下院(定数650)の12月12日の総選挙。ジョンソン首相率いる与党・保守党が過半数を獲得して圧勝し、公約に掲げた2020年1月末のEU離脱に向けて大きく前進した。だが、いわゆる「秩序なき離脱」のリスクが完全になくなったわけではなく、スコットランドの連合王国離脱の可能性も浮上するなど、20年も先行きは予断を許さない。

     保守党は総選挙の結果、現有から47議席上積みして365議席を獲得した。ジョンソン首相の「早期のEU離脱を実現して不透明性を解消する」との訴えが国民に浸透した形だ。また、これまで英政府とEUが合意した離脱協定案を巡って、英下院が何度も否決する事態が続いており、国民の間に「ブレグジット疲れ」があったことも保守党の勝因だろう。

    残り1306文字(全文1664文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット