国際・政治世界経済総予測 2020

台湾総統選 蔡英文氏の再選を香港が“後押し”=松本はる香

    再選後を見据える蔡英文総統(Bloomberg)
    再選後を見据える蔡英文総統(Bloomberg)

     2020年1月11日の台湾総統選挙では、独立志向の強い与党・民進党(現職)の蔡英文総統(63)再選の可能性が高まっている。蔡総統に対するのは、中国との経済関係の改善を掲げる国民党の韓国瑜・高雄市長(62)。親民党の宋楚瑜氏(77)も第3の候補者だが、事実上、民進党と国民党の一騎打ちとなる見通しだ。

     18年秋の台湾統一地方選挙で民進党が大敗して以来、蔡氏の支持率は急落し、再選は絶望視されてきたが、潮目を変えたのが香港問題だった。19年6月に起こった「逃亡犯条例」改正案に反対する香港のデモ発生を契機に、台湾人の危機意識が高まったのである。

     19年11月24日の香港区議会選挙では民主派が圧勝。米上下両院で可決された「香港人権・民主主義法案」には27日にトランプ大統領が署名したが、中国政府が香港のデモに対して妥協する可能性は低く、強硬姿勢を崩していない。

    残り832文字(全文1211文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事