【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融世界経済総予測 2020

マーケット予測 米長期金利 FRB、4~6月に利下げ=鵜飼博史

(出所)ブルームバーグ
(出所)ブルームバーグ

上値 2.05%(12月ごろ)

下値 1.7%(3月ごろ)

 2020年の米国金融政策はインフレ率が加速しにくい地合いにある。さらに年央にも一定期間の平均でインフレ目標達成を目指すアべレージ・インフレーション・ターゲティングを米連邦準備制度理事会(FRB)が採用し、低インフレ率の埋め合わせを考える可能性すらあるだろう。FRBは少なくともインフレ目標の信認を高めたい意向とみている。景気が順調に持ち直したとしても利上げに転じる可能性は低い。

 米国景気は20年に減速し、年前半は成長率が回復しないとみている。そうした中では、FRBはこれまでの緩和効果の浸透を見計らう姿勢を変更し、第2四半期に予防的にもう1回の利下げを行うと見込んでいる。金融政策によって金利が上下に変動する余地が総じて小さい中では、これが債券相場の主要な変動要因にはなりにくい。米10年金利は1%台後半を中心とした狭いレンジ内にとどまると予想する。

残り163文字(全文568文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事