経済・企業2020 注目の技術&産業

eスポーツ 都市対抗eスポーツで地域を活性化したい=影澤潤一

    影澤潤一氏
    影澤潤一氏

     2018年あたりから社会的にも「eスポーツ」というキーワードが聞かれるようになり、幹部層のなかでも「これからはeスポーツがくる」という話が挙がるようになった。また、同年6月に就任した井上福造社長が、その直後にeスポーツの事業化を目指すことを宣言したのも大きな理由のひとつだ。

     市場調査や情報収集を進めながら、取っかかりとしてeスポーツ「RAGE」で、仙台にある事業所をパブリックビューイング会場として提供した。その際、閉域網(専用回線)とクラウドを使うことで、高品質で遅延の少ない映像配信を可能にし、東京・秋葉原にある本会場と、ビデオ電話のように掛け合いができるようにした。

     閉域網を使うと、通常のインターネット回線と比較して遅延時間が10分の1にまで軽減でき、快適な映像配信環境の構築が可能になる。

    残り541文字(全文892文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事