週刊エコノミスト Online大学ベンチャー

アクセルスペース 代表取締役CEO 中村友哉 衛星作り続けたい一心だった

    中村友哉氏
    中村友哉氏

    東京大(航空宇宙工学・中須賀研究室)博士→起業

    超小型人工衛星の開発製造・衛星データ提供

     アクセルスペース(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:中村友哉)は2018年12月、数十基の超小型人工衛星で作る地球観測網「AxelGlobe」の1号機を打ち上げた。22年をめどに目標数すべてを飛ばし、ニーズに応じて地球上のさまざまな場所を1日1回、撮影して提供する。学生時代に初の超小型衛星を打ち上げ、ただただ衛星作りを続けたい一心で会社を立ち上げた若者は、創業から10年で、難しい宇宙ビジネスを軌道に乗せた。

    「一緒に人工衛星を作ろう」。進路に悩んでいた若者を宇宙の世界へと引き込んだのは、東大・中須賀真一教授の熱のこもった一言だった。理科一類に入学し、教養課程を終えて専門課程を選ぶためのオリエンテーションで、その言葉に衝撃を受け、迷わず航空宇宙工学科へ進み、中須賀研究室に入った。

    残り858文字(全文1246文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事