週刊エコノミスト Online大学ベンチャー

KOTAIバイオテクノロジーズ 代表取締役 山下和男 裁量権を持った研究ができる

    山下和男氏 KOTAIバイオテクノロジーズ代表取締役
    山下和男氏 KOTAIバイオテクノロジーズ代表取締役

    大阪大理学研究科→大阪大免疫学フロンティア研究センター→起業

    AIを活用して免疫を解析

     KOTAIバイオテクノロジーズ(本社:大阪府吹田市、代表取締役:山下和男)は、世界トップレベルの免疫研究を行う大阪大学免疫学フロンティア研究センターで研究員だった山下氏が2016年に起業した。

     可能性を感じたのはAI(人工知能)による免疫のデータ解析だ。人間は血液1ミリリットル当たり約100万個の免疫細胞を持つため、それらの「ビッグデータ」の解析はまさにAIの得意分野だ。解析により、新しい薬の開発や特定の病気や疾病の進行度を測定するバイオマーカー(指標)同定などに役立つと期待される。しかし、解析データに基づいた分析は免疫に関する専門知識が必要なため、事業としてのハードルは高い。そこに目を付け、免疫学×…

    残り521文字(全文868文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事