テクノロジー大学ベンチャー

エレファンテック 代表取締役社長 清水信哉 実用化まで試行錯誤の5年間

    清水信哉氏 エレファンテック代表取締役社長
    清水信哉氏 エレファンテック代表取締役社長

    東京大情報理工学系研究科→マッキンゼー→恩師と再会→起業

    インクジェットでフレキシブル基板印刷

     インクジェット印刷による独自の技術でフレキシブル基板を製造するエレファンテック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:清水信哉)。2019年11月、セイコーエプソンなど9社から18億円の資金調達を実施し、量産体制の確立に向けて踏み出した。20年秋の出荷開始を目標に三井化学の名古屋工場内に製造ラインを設け、年40億円の売り上げを見込む。目指すは1兆円企業だ。

    「人生は短い。大企業の管理職に就くまで待てない。若いうちにイノベーションを起こしたかった」。12年に東大大学院修士課程修了後、視野を広げるため、米コンサルティング大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーに就職した。博士課程に進む道もあったが、大学では技術は磨けてもそれ以上のスキルは身につかないと考えた。

    残り1119文字(全文1495文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事