週刊エコノミスト Online大学ベンチャー

合格者ランキング 東大は首都圏一貫校が圧倒 京大は全国から集まる=安田賢治

    (出所)大学通信
    (出所)大学通信

    詳しくはこちら

     少子化が進んでも、難関大学の入試は変わらず難しい。受験生が確実に合格できる大学を選ぶ傾向が強まっているせいもあって、2020年度入試では旧7帝大では北海道大を除き、志願者数は前年と比べ減少している。北海道大の志願者数が増えているのは、旧7帝大の中で後期試験の募集人員がもっとも多く、受験生に狙われているためだろう。東京大、大阪大は後期試験を実施しておらず、京都大は法学部、名古屋大も医学部医学科だけ。つまり、難関国立大の入試は「前期勝負」となってきている。

     受験生の志望傾向も変化している。以前は最難関の東京大が厳しいとなると、東京工業大や一橋大に志望変更するのが一般的だった。それが今は、東京大が厳しいと判断した受験生は、近隣の総合大学、例えば東北地方の受験生であれば、東北大を狙う傾向があるという。予備校関係者は「受験生の地元大学進学志向は強いが、大都市間を移動する受験生も少なからずいる」という。東京大を狙わず、地方の旧7帝大を受けるようになってきて…

    残り2180文字(全文2616文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット