週刊エコノミスト Online自動車革命で伸びる会社

キーワード解説 クルマ変える「CASE」とは?=吉脇丈志/監修・現代文化研究所

    「CASE」という言葉の生みの親のチェッチェ元ダイムラー会長(2016年のパリ・モーターショーで)Bloomberg
    「CASE」という言葉の生みの親のチェッチェ元ダイムラー会長(2016年のパリ・モーターショーで)Bloomberg

     自動車業界に押し寄せる100年に一度の大変化を象徴するキーワードを三つのQ&Aでチェックしよう。

     CASE(ケース)はもともと、2016年のパリ・モーターショーにおいて、ダイムラー会長(当時)のディーター・ツェッチェ氏が発表した中長期戦略の中で用いた言葉だ。

    「C」はコネクテッド(接続)でクルマがインターネットにつながることを意味する。クルマが通信端末を搭載し、常に車外と情報をやり取りする。「A」はオートノマス、つまり自動運転技術。「S」はクルマをみんなで共有するシェアリング。「E」は電気を動力とする電動化で、ガソリン車から電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)に移っていくことを指す。

     この四つはそれぞれがつながっている。例えば自動運転(A)は1台のクルマが単独で周囲を認識しただけでは実現できない。カーブの先にある障害物や300メートル先にある車線規制、死角となっている交差点からの自転車の進入などの予測は、クルマ同士や信号機、道路上に設置されたセンサーから取得したデータをクラウドなどと接続(C)して分析することで可能になる。

    残り1244文字(全文1721文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット