テクノロジー自動車革命で伸びる会社

半導体・ソフトウエア 電子制御がさらに高度化 富士電機、タムラ、イーソル=阿部哲太郎

    (Bloomberg)
    (Bloomberg)

     <沸騰! CASEケース市場>

     CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)のうち、「A」の自動運転で使われる画像処理チップは現状、米企業の独壇場だ。米エヌビディアの「ドライブPX」シリーズと米インテル傘下でイスラエルのモービルアイの「EyeQ」シリーズの覇権争いが続いている。エヌビディアはSoC(システム・オン・チップ)とソフトウエアを統合した世界初のレベル2以上の自動運転システムの生産を2020年から開始する予定だ。自動運転の高レベル向けの技術開発競争はエヌビディアが一歩先行しているとみられる。

     今後、自動運転機能搭載の車種や台数の伸びが本格化する期待感の中で、後発組の参入の動きも出てきている…

    残り2896文字(全文3205文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット