テクノロジー自動車革命で伸びる会社

ADAS(先進運転支援システム) 安全志向の高まりが後押し ルネサス、東芝、NTT=坂上翔

    (Bloomberg)
    (Bloomberg)

     日本で人気を博したSUBARU(スバル)の自動ブレーキシステム「アイサイト」以来徐々に浸透したADAS(エーダス)(先進運転支援システム)機能は、今では珍しいものではなくなった。消費者の安全を求めるニーズは強く、政府の規制もADASの普及を後押しする。日本や欧州を含む40カ国以上で、AEBS(自動ブレーキ)の義務化が2020年代前半に実現する見通しだ。そのADASを実現するため、カメラ、レーダー、LiDAR(ライダー)といったセンサーと、ソフトウエアが競い合うように進歩を続けている。

    残り2130文字(全文2375文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事