テクノロジー自動車革命で伸びる会社

ADAS(先進運転支援システム) 安全志向の高まりが後押し ルネサス、東芝、NTT=坂上翔

    (Bloomberg)
    (Bloomberg)

     日本で人気を博したSUBARU(スバル)の自動ブレーキシステム「アイサイト」以来徐々に浸透したADAS(エーダス)(先進運転支援システム)機能は、今では珍しいものではなくなった。消費者の安全を求めるニーズは強く、政府の規制もADASの普及を後押しする。日本や欧州を含む40カ国以上で、AEBS(自動ブレーキ)の義務化が2020年代前半に実現する見通しだ。そのADASを実現するため、カメラ、レーダー、LiDAR(ライダー)といったセンサーと、ソフトウエアが競い合うように進歩を続けている。

     現在ADASで主役となっているのがカメラだ。クルマの前・後方や周囲の環境を画像で確認し、白線逸脱防止や歩行者検知に使われる。それだけでなく、室内にいるドライバーの状態も認識できる。最近、高度なADAS機能を搭載する高級車では、カメラの多眼化が進んでいる。独ZFは3眼カメラを量産しており、日産自動車や独BMWに採用されている。今後も高級車を中心に多眼化は進むと見られ、20年代前半に10個以上のカメ…

    残り1930文字(全文2375文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット