テクノロジー自動車革命で伸びる会社

車内空間向け機器 エンタメ機能を強化 ソニー、アルプスアル、カーメイト=松田精一郎

     CASEの進展による車室空間の変化として、「サービス空間の共有化」や「車内での過ごし方の変化」が考えられる。通勤などの日常移動で公共交通機関の分担率が日本などより低く、クルマを利用することの多い欧米が拠点の自動車メーカーは、「CASE時代の車室内での過ごし方」について、早くから注目してきた。

     独アウディは今年1月の米見本市「CES」で車載VR(仮想現実)によるエンターテインメントに加えて、利用者と共感できるAI(人工知能)を備えたモビリティーパートナーとなる「第三の生活空間」と定義したコンセプトカー「AI:ME」を公開した。同社は昨年のCESでも「The 25th HOUR(25時間目)」をテーマに、クルマの加減速やカーブなどでの動きに合わせて、米ディズニーと開発したVRゲームを楽しめるシステム「Holoride(ホロライド)」を発表していた。

     また、米インテルは、同じく昨年のCESで、配車サービスシステムと一体化した、後席前方と左右の窓の計270度を映像スクリーンとした車室空間を公開した。インテルのシステムにコンテンツを提供したのは、バットマンなどのコンテンツで知られる米マーベルだ。

    残り1864文字(全文2365文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット