週刊エコノミスト Online自動車革命で伸びる会社

イスラエル 大手自動車が欲しがるスタートアップの聖地=遠藤功治

    産業の中心都市テルアビブ(Bloomberg)
    産業の中心都市テルアビブ(Bloomberg)

     自動車業界を35年ほど見ている筆者が近年、頻繁に訪れる場所に、ハイテク産業の集積地として存在感を増しているイスラエルが加わった。逆に自動車産業の中心地である米デトロイトや独フランクフルトに出かける回数は依然に比べ減少した。これは図らずも“100年に1度”とも言われる大変革が自動車業界に起きている証しであろう。

     トヨタ自動車の豊田章男社長は“生きるか死ぬかの戦い”とはっきり公言しているし、そのトヨタの時価総額を何倍も上回るGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)各社が、新しいビジネスモデルで自動車ビジネスに参画しようとしている。

    残り2315文字(全文2590文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット