マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 中東緊迫で金ETFに注目=藤戸則弘

    (注)現物国内保有型 (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (注)現物国内保有型 (出所)ブルームバーグより編集部作成

     イランのソレイマニ司令官が米軍に爆殺され、2020年は波乱の幕開けとなった。中東の動乱となって、世界のマーケットで注目度を増しているのが金である。金先物価格は、一時1オンス=1600ドルの大台を突破する局面があった。

     背景にあるのは、第一に新興国の中央銀行が金準備の積み増しを行っていることだ。ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の統計(19年10月末時点)によると、金保有量世界6位のロシアは前年末比185・9トン、7位の中国が105・8トン、10位のインドも31・7トンと買い増しを続けている。通貨リラの急落で混乱状況にあったトルコも、一気に128・9トンの買い増しだ。先進国中央銀行の金売却が目立った1990年代とは様変わりである。

     第二には、世界的な超緩和策により、国債利回りのマイナス金利が珍しくなくなったことだ。金の最大のネックは、「金利を生まない資産」だったが、このマイナス金利の常態化が欠点を覆い隠している。

    残り435文字(全文850文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット