マーケット・金融THE MARKET

NY市場 バブル指摘する声広がる=堀古英司

     昨年大きく上昇した米国株式相場だが、引き続き過去最高値圏で推移している。長短金利の逆転(逆イールド)を裏付けとした景気後退の議論は全く聞かれなくなった一方で、相場の過熱感やバブルを指摘する声は広がっている。

     米主要大型株で構成されるS&P500指数の予想株価収益率(PER)が約19倍と高水準にあることが要因として挙げられているが、2000年前後のハイテクバブル期の約2…

    残り285文字(全文475文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット