マーケット・金融THE MARKET

長期金利 プラス圏へ=徳勝礼子

     10年国債金利のプラス化は、昨年12月中に数回試されたもののまだ定着を見ていない。

     この過程に時間を要しているのは、(1)世界的な景気指標の回復が緩慢なこと、(2)産業構成において非製造業の比重が高まる過程では伝統的な製造業指標からは回復が示唆されにくいこと──が理由だろう。とはいえ、再度マイナスの水準を切り下げる動きは減っている。

     まず、国債入札は昨年11月以降連続で軟調に終わっている。加えて、年明けの中東の地政学リスクの高まりを受けてドル・円が1ドル=108円を割った際の金利低下も一時的にとどまるなど、円高の際の感応度も鈍化した。

    残り170文字(全文441文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット