【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

長期金利 プラス圏へ=徳勝礼子

 10年国債金利のプラス化は、昨年12月中に数回試されたもののまだ定着を見ていない。

 この過程に時間を要しているのは、(1)世界的な景気指標の回復が緩慢なこと、(2)産業構成において非製造業の比重が高まる過程では伝統的な製造業指標からは回復が示唆されにくいこと──が理由だろう。とはいえ、再度マイナスの水準を切り下げる動きは減っている。

 まず、国債入札は昨年11月以降連続で軟調に終わっている。加えて、年明けの中東の地政学リスクの高まりを受けてドル・円が1ドル=108円を割った際の金利低下も一時的にとどまるなど、円高の際の感応度も鈍化した。

残り170文字(全文441文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事