マーケット・金融THE MARKET

長期金利 プラス圏へ=徳勝礼子

     10年国債金利のプラス化は、昨年12月中に数回試されたもののまだ定着を見ていない。

     この過程に時間を要しているのは、(1)世界的な景気指標の回復が緩慢なこと、(2)産業構成において非製造業の比重が高まる過程では伝統的な製造業指標からは回復が示唆されにくいこと──が理由だろう。とはいえ、再度マイナスの水準を切り下げる動きは減っている。

     まず、国債入札は昨年11月以降連続で軟調に終わっている。加えて、年明けの中東の地政学リスクの高まりを受けてドル・円が1ドル=108円を割った際の金利低下も一時的にとどまるなど、円高の際の感応度も鈍化した。

    残り170文字(全文441文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月25日号

    狙える不動産14 大手から個人まで 沸騰! 不動産投資 ■中園 敦二16 不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認 ■成本 治男18 J─REIT 手堅くいくなら物流と住居系 ■関 大介21 インタビュー 唐池恒二 JR九州会長 「REIT参入で不動産事業拡大 貸倉庫・貸物流拠点も展開す [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事