テクノロジーAIチップで沸騰! 半導体

「富岳」に込めた意味 高性能と汎用性を両立=岡田英

     山頂は高く、裾野も広い──。富士山の異名でもある「富岳」の名称には、世界トップクラスの計算性能と、幅広い産業用途やユーザーにとっての使いやすさを両立する意味が込められている。高性能かつ汎用性のあるスパコンの存在は、一国の産業の浮沈や防災・減災をも左右する。

     富岳は昨年8月に運用を終えた「京」の最大約100倍の計算性能で、京が1年かかった計算が3~4日でできると期待される。国費約1100億円を投じ、理化学研究所と富士通が2014年から共同開発。21年ごろの稼働に向け、昨年12月には設置予定場所の理研計算科学研究センター(神戸市)に計算機の搬入…

    残り411文字(全文685文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事