マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 12月の有効求人倍率(1月31日) 製造業の求人減は止まるか=上野剛志

    (注)有効求人倍率は季節調整値 (出所)厚生労働省「一般職業紹介状況」
    (注)有効求人倍率は季節調整値 (出所)厚生労働省「一般職業紹介状況」

     日本の雇用情勢は良好な状況が続いている。厚生労働省が昨年12月に公表した一般職業紹介状況によると、11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.57倍と、引き続き求人数が求職数を大きく上回る。少子高齢化の影響などから企業の人手不足感が根強いためだ。一方で、2019年以降、有効求人倍率はやや低下基調にあり、背景には新規求人数の減少がある。

     11月の新規求人数は前年比6.7%減となっており、とりわけ製造業では19.3%減までマイナス幅が拡大している。米中貿易摩擦や海外経済の減速によって事業環境や収益が悪化したことで、製造業を中心に採用を手控える動きが広がったとみられる。労働力調査によると、11月の製造業の雇用者数は前年比おおむね横ばいにとどまっているが、今後も採用の抑制が続けば、いずれ悪影響が顕在化しかねない。そうなった場合、企業の…

    残り312文字(全文679文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット