テクノロジーAIチップで沸騰! 半導体

高密度実装 限界近づく微細化を代替 日本企業への波及に期待=南川明

    TDKの高密度基盤「SESUB」。1辺の長さは約11ミリ(TDK提供)
    TDKの高密度基盤「SESUB」。1辺の長さは約11ミリ(TDK提供)

     過去50年間にわたり、半導体は18カ月でトランジスタ数が2倍になる「ムーアの法則」に従って微細化が進んできた。この微細化により、CPU(中央演算処理装置)は処理能力を高めながら、消費電力を削減することができた。しかし、線幅が14ナノメートル(ナノは10億分の1)に達した2014年ごろから、微細化のスピードは鈍化し始めた。その代替手段としてハイテク産業で今、注目されているのが「高密度実装」で、日本企業にも商機が到来している。

     高密度実装とは、チップだけでなく電子部品やアンテナ、モーターなど周辺部品を含めたモジュールを、システム基盤上で従来以上に高密度に配置することで、消費電力削減などシステムとしての性能を向上させる手法を指す。台湾積体電路製造(TSMC)の「CoWoS」、米インテルの「EMIB」、TDKの「SESUB」といった高密度実装技術が大きな注目を集めている。

    残り869文字(全文1257文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット