国際・政治

サイバー攻撃 真の脅威は大統領選への心理的揺さぶり=古本陽荘

    心理戦の舞台 Bloomberg
    心理戦の舞台 Bloomberg

     11月の米大統領選を前に、外国のサイバー攻撃からどこまで選挙を防衛できるかという議論が本格化している。2016年米大統領選では、民主党のクリントン候補の陣営が狙われ、大きな影響が出た。「サイバー攻撃を仕掛けたのはロシアだ」と米情報機関は認定したが、トランプ大統領は「ロシアかもしれないし、ウクライナかもしれない」などと、その分析を無視するかのような発言を繰り返してきた。

     そんな中、ロシア情報機関との関係が疑われている組織によるサイバー攻撃が明るみに出た。米紙『ニューヨーク・タイムズ』によると、19年11月上旬、ウクライナの天然ガス会社「ブリスマ」の関連会社に対して、「ファンシー・ベア(気取った熊)」と呼ばれるハッカー集団がサイバー攻撃を仕掛け、侵入した。狙われたのはすべてウクライナの会社ではあるが、今回のサイバー攻撃は米大統領選にも直結しうる。

    残り931文字(全文1308文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット