マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む バブル後最高値更新へ強気相場=三宅一弘

 今年の世界経済・株式市場は、11月の米大統領選挙を主軸に動きそうだ。トランプ大統領の再選戦略の中核は経済最優先のいわば株高政策にある。具体的な選挙戦略では、与野党接戦の五大湖周辺の製造業地帯(ラストベルト)や農業が盛んな南部(サンベルト)で勝利する。そして全米で8000万人といわれる支持層のキリスト教福音派の取り込み強化にある。年初の米国によるイランたたきは福音派の支持を強めたと言われている。

 米中通商交渉における第1段階の合意は中国が2020~21年の2年間で対米輸入額を17年実績(1863億ドル)比で2000億ドル拡大を約束するなど米経済に恩恵が大きい。対中輸出の増大は米国の貿易赤字の削減、経済成長率の押し上げ、株高などをもたらすと同時に、再選に向けてラストベルトやサンベルトで強いアピールになる。

残り498文字(全文854文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事