マーケット・金融THE MARKET

穀物 上値重い=柴田明夫

     シカゴ穀物価格は上値が重い。大豆は1ブッシェル=9ドル台近辺まで軟化。トウモロコシの足取りも重い。1月15日に米中通商協議の「第1段階」合意の署名式が行われたものの、不透明な部分が多く、失望売りが入った。10日の米農務省最終生産見通しで大豆、トウモロコシともに単収(10アール当たりの基準収穫量)、生産量が市場予想を上回ったことも一因だ。

     米中合意に関しては、米国側からは中国が大豆など500億ドル規模の米農産物を購入するとの期待が広がった。しかし、中国側からは数字は出ていない。そもそも、貿易戦争前の米農産物購入規模が240億ドル程度であったことを考えると、500億ドルには当初から懐疑的な声が上がっていた。

    残り135文字(全文441文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット