マーケット・金融新型肺炎ショック 株の底値

米国株 新型肺炎で調整するが10月にダウ3万2000ドル=広木隆

    米中貿易交渉の第1段階合意も追い風(Bloomberg)
    米中貿易交渉の第1段階合意も追い風(Bloomberg)

     米ダウ工業株30種平均は、年初イランとの軍事的緊張の高まりで軟調になる場面があったもののすぐに持ち直し、1月半ばには初の2万9000ドル台をつけた。本稿執筆時点では、中国の新型肺炎の影響に対する懸念から調整局面にあるが、筆者は主に三つの理由から、米国株式相場は早晩上昇基調を取り戻し、ダウ平均は10月には3万2000ドルを突破する可能性は十分あると考える。

    残り2359文字(全文2538文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット