マーケット・金融新型肺炎ショック 株の底値

日経平均 新型肺炎の影響は春先まで 堅調に2万5000円へ=上野裕之

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

     2020年の株式市場は中東情勢の緊張から波乱の幕開けとなった。日経平均株価は、1月6日の大発会に451円下落、翌7日には370円上昇するなど乱高下を繰り返した。

     その後、トランプ米大統領は8日のイランの空爆で米兵に死者が出なかったことから報復攻撃を見送り、更なる軍事行動は望まないと発言。イランも戦争は望まないと表明したことで、マーケットは落ち着きを取り戻した。1月15日に米中通商交渉「第1段階合意」の署名が行われることを受けて、1月14日に日経平均株価は2万4000円台を回復した。

    残り1996文字(全文2240文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット