マーケット・金融新型肺炎ショック 株の底値

金 価格上昇の裏に株急落への不安 年後半に1トロイオンス=1700ドル視野=吉田哲

    (出所)ブルームバーグ、ニューヨーク証券取引所、LMEのデータより筆者及び編集部作成
    (出所)ブルームバーグ、ニューヨーク証券取引所、LMEのデータより筆者及び編集部作成

    「リスク時の金買い」と言うように一般的には株価と金価格の動きは相反しており、片方が安くなれば、もう片方が高くなる。しかし、昨年のNYダウとNY金は、ともに20%前後上昇する“株高・金高”の動きとなった。背景には、(1)景気の指標と実態の乖離(かいり)、(2)主要国通貨全体の地盤沈下懸念──が挙げられる。

     (1)については、NYダウと銅価格の推移に注目すると分かりやすい。株価は半年から1年程度先の景気動向への期待や不安を織り込みながら推移する“指標”という側面がある。一方、銅などの商品は、基本的には生産者と消費者は対等な立場にあり、一方的な高値や安値が長期間続くことは考えにくい。このため商品市場には、株式市場のような「価格上昇こそが総意」という考え方は原則存在せず、その価格は“実態”に近いと言える…

    残り930文字(全文1282文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット