【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融新型肺炎ショック 株の底値

原油価格 「中東」も新型肺炎も一時要因 中長期1バレル=60~65ドルで推移=桝本量平

シェール生産に極端な上下はなさそうだ(Bloomberg)
シェール生産に極端な上下はなさそうだ(Bloomberg)

 米国とイランの対立激化を受け、1月3日に原油価格の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は一時、1バレル=63ドル台と2018年4月以来の高値圏に達した。しかし、米イラン双方がさらなる軍事衝突回避の方針を示した後は50ドル台後半に落ち着いた。最近2年間の高値は、18年10月の76ドル超である。同5月の米国によるイランへの経済制裁によって、イラン産原油の供給懸念から価格が上昇したのだ。原油は中東情勢に敏感に反応してきたが、今回の危機では、市場が「高値圏」の区切りととらえる70ドルを突破することはなかった(図1)。

 今後の推移はどうなるのであろうか。供給や需要、長期的な価格推移などから考えると、中東情勢リスクへのセンチメントから一時的に70~80ドルに行く可能性はあるが、その後はおおむね60~65ドル程度で推移すると見ている。なお、1月中旬、新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて一時、40ドル台に下落したが、経済活動の減退懸念やリスクオフ局面を反映した一時的な現象とみられる。筆者が中長期で60~65ドル台…

残り1979文字(全文2449文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事