マーケット・金融THE MARKET

ブラジル株 利下げ中止で調整も=児玉卓

     ブラジルの政策金利は2月5日に0・25%引き下げられ4・25%となった。昨年7月の利下げ再開以降では2・25㌽、16年9月以降では10㌽引き下げられた。これは株価上昇を後押しする材料となってきた一方で、低成長下にある実体経済を十分刺激してきたとは言えない。両者のデカップリング(分断)がどう解消されるかが今後の注目点である。

     短期的には、新型肺炎の流行による中国経済への打撃が不安視され、資源依存度の高いブラジルの通貨レアルは売られやすい状況が続く可能性がある。中国リスクが世界景気悪化を想起させた場合はリスクオフ的な動きが生じ、これもレアルを下落させる要因となり得る。こうした中、利下げは休止せざるを得ないと考えられ、高値圏にある株式市場も調整を迫られる可能性がある。もっともボルソナロ政権による財政立て直し路線が堅持され…

    残り69文字(全文432文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事