法務・税務民法改正

トラブルを防ぐ! 契約締結時のチェックポイント=小久保崇

    (出所)編集部作成
    (出所)編集部作成

     ビジネスシーンでは、取引先が用意した契約書をそのまま使うケースも多いだろう。契約書に特別な定めがない場合、改正民法の条文が適用されるため、改正内容を知らずにいると、思わぬ落とし穴に陥ることになる。仕事を優位に進めるためには、契約内容の確認が欠かせない。

     そこで、ウェブサイトのデザイン制作を請け負う個人事業主(Aさん)のもとに、発注主(X社)から「ウェブサイト制作契約」というタイトルの契約書案が届いた場合を想定し、押印前に確認すべきポイントを確認しておこう。

    残り2318文字(全文2549文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事