マーケット・金融THE MARKET

欧州株 政策期待で高値圏=桂畑誠治

     欧州主要株価指数は、中国での新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、世界景気の先行きに対する楽観的な見方を背景とした米国株につれ高する形で、水準を切り上げた。世界株式市場は潤沢な流動性供給の続く中、リスクが台頭しても、政府・当局への信頼・期待の高さに支えられ、上昇しやすくなっている。

     中国の生産や輸出、投資、消費活動の大幅な落ち込みによ…

    残り260文字(全文432文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事