テクノロジーがんが治る 見つかる

中国台頭 臨床試験数で米国を凌駕=吉田智

    中国の開発力は侮れない(中国の創薬関連企業)(Bloomberg)
    中国の開発力は侮れない(中国の創薬関連企業)(Bloomberg)

     抗がん剤を開発できるのは日欧米のメーカーのみ──。そんな見方は過去のものになりつつある。がん領域のなかでも特に注目を浴びている「免疫チェックポイント阻害薬」の分野で、中国の百済神州(ベイジーン)が「ティスレリズマブ」の開発に成功した。ほかにも、上海君実生物医薬科技(上海ジュンシー)、信達生物製薬(イノベント)、恒瑞医薬(ホンルイ)といった企業が免疫チェックポイント阻害薬を次々と開発。注目が高まっている。

     一方、新規性には疑問が残る。これは、ベイジーンらの製品が、本庶佑(ほんじょたすく)京都大学特別教授の研究がもとになった「オプジーボ」(小野薬品工業/米ブリストル・マイヤーズスクイブ)や「キイトルーダ」(米メルク)と同じ「抗PD─1抗体」というカテゴリーに属するためだ。この分野ではすでにオプジーボとキイトルーダの2品が他を圧倒。日系・欧米系の製薬各社は「今さら抗PD─1抗体をやろうとは思わない」と…

    残り1058文字(全文1462文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事