テクノロジーがんが治る 見つかる

抗体薬物複合体 乳がん薬「エンハーツ」の衝撃=濱田一智

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     2020年の製薬業界で台風の目となるのは、第一三共だろう。同社が開発した超大型の乳がん薬「エンハーツ」が年初、米国で発売され、2月下旬には国内でも厚生労働省の部会で新薬としての承認が了承された。

     業界では、年間売上高1000億円を超え、他を圧倒するシェアや新しい市場を開拓する新薬を「ブロックバスター」と呼ぶが、エンハーツのピーク時売上高の予想は5000億円を優に超し、1兆円に迫るともされる。これは、驚異的な数字で「創業以来の製品規模になる可能性がある」と同社の真鍋淳社長も興奮を隠さない。

     市場も好意的だ。エンハーツの臨床試験の良好な成績が目立ち始めた18年初頭から、第一三共の株価は徐々に高騰。決め手になったのは19年3月に発表した英アストラゼネカとの提携だ。これは、アストラゼネカがエンハーツの成功を確信したことを裏付けるニュースとして評価され、以降は株価が高値を更新し続け、この1年でほぼ倍増した(図1)。

    残り2058文字(全文2467文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事