週刊エコノミスト Online新型コロナ 広がる恐怖

イラン 制裁で感染拡大、政治変動も=宮田律

     2月25日、米国のタカ派のシンクタンク「民主主義防衛財団(FDD)」のマーク・ドゥボウィッツCEOが、コロナウイルスがトランプ政権の制裁強化でも実現しなかった非石油部門でのイランの輸出を停止することができたとツイートした。

     FDDは、イスラエルのリクードなどタカ派勢力と連携してきたシンクタンクで、米国の中東への軍事介入や親イスラエルの中東政策を米国政府がとることを唱道してきた。ドゥボウィッツCEOは、イランに対する過酷な制裁を主張し、医薬品がイラン制裁の対象外になることにも反対してきた。イランのコロナウイルスの拡大は、米国の制裁強化による医薬品不足や、その高騰もその一つの要因だ。

     当初、東アジアに比べて、中東での感染拡大は遅く、イランで最初の死者が出たのも、2月19日だった。だが、イランは中東諸国の中では例外的に感染者が多く、イラン保健省によれば、3月3日現在、感染者数2336人、死者が77人に上っている。

    残り656文字(全文1066文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事