週刊エコノミスト Online新型コロナ 広がる恐怖

ドイツ 各地で広がる市中感染=福田直子

    中国人との接触はなく、感染経路は不明(ミュンヘン空港でマスクをする旅行者) (Bloomberg)
    中国人との接触はなく、感染経路は不明(ミュンヘン空港でマスクをする旅行者) (Bloomberg)

    「ドイツもコロナ感染の流行期の始まりの時期に入った」──。2月27日、ドイツの厚生大臣が宣言した。すでにドイツ国内で数カ所、感染が認められ、感染源が不明の市中感染が始まったのである。この原稿を書いている時点(3月1日)で、朝の発表で感染者は70人とあったが、4日には240人に増えた。

     ミュンヘン郊外で、自動車部品のメーカーの社員が1月28日、ドイツ初の感染者と発表されてからちょうど1カ月。感染した社員を中心に12人が市内の病院に隔離され、社員1000人は自宅待機となった。全員の症状は軽症、または無症状で、回復は順調、最後の患者が退院したところであった。

     そしてまもなく新たな感染が確認された。ドイツ中西部、オランダ国境からすぐの街、ガンゲルトは人口わずか1万2000人。2月15日、街では300人が訪れたカーニバル(謝肉祭)のパーティーがあった。

    残り757文字(全文1133文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事