週刊エコノミスト Online新型コロナ 広がる恐怖

ドイツ 各地で広がる市中感染=福田直子

中国人との接触はなく、感染経路は不明(ミュンヘン空港でマスクをする旅行者) (Bloomberg)
中国人との接触はなく、感染経路は不明(ミュンヘン空港でマスクをする旅行者) (Bloomberg)

「ドイツもコロナ感染の流行期の始まりの時期に入った」──。2月27日、ドイツの厚生大臣が宣言した。すでにドイツ国内で数カ所、感染が認められ、感染源が不明の市中感染が始まったのである。この原稿を書いている時点(3月1日)で、朝の発表で感染者は70人とあったが、4日には240人に増えた。

 ミュンヘン郊外で、自動車部品のメーカーの社員が1月28日、ドイツ初の感染者と発表されてからちょうど1カ月。感染した社員を中心に12人が市内の病院に隔離され、社員1000人は自宅待機となった。全員の症状は軽症、または無症状で、回復は順調、最後の患者が退院したところであった。

 そしてまもなく新たな感染が確認された。ドイツ中西部、オランダ国境からすぐの街、ガンゲルトは人口わずか1万2000人。2月15日、街では300人が訪れたカーニバル(謝肉祭)のパーティーがあった。

残り757文字(全文1133文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事