マーケット・金融金が上がる

実需の2大国 中国、インドで35%占める 投資家と異なる民衆の買い=亀井幸一郎

    インドでは金は富裕層だけの物ではない(ムンバイ)(Bloomberg)
    インドでは金は富裕層だけの物ではない(ムンバイ)(Bloomberg)

     金(ゴールド)価格の動向を読むにあたって、日々の投資マネーの流出入推移を重視しがちだ。しかし、金もコモディティー(商品)であることから、宝飾など基礎的な現物需給にも気を配る必要がある。この現物の需給に大きな影響を与えているのが、インドと中国の動向だ。

     インドと中国は、伝統的に金の2大実需国として知られる。両国とも金選好度の強い社会的・宗教的基盤があったが、2000年代以降の経済発展に伴う所得増がいっそう金需要を高めた。19年の需要は両国合わせると1538トンで、世界全体の35%を占める。過去10年のピークとなった13年には両国で2304トンに上った。

     インドの人々が金を保有するのは、宗教的背景が強い。光り輝く金の保有は「魔よけ」の効果があり、持てば持つほど富が集まるとされる。金保有は、全人口の55%を占める農村部で活発だ。同国では3年ほど前までは普通預金口座を持つのは、全人口の40%ほどに過ぎなかった。金保有は貯蓄に代わる機能を持ち、資産とみなされる。それも、もっぱら宝飾品として保有されていた。また、嫁ぐ娘に両親や縁者が送る婚礼需要も伝統的に…

    残り1841文字(全文2320文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット