法務・税務

4月の改正意匠法施行 クラウドの画面デザイン、建物内装・外装も保護対象に=加島広基

    化粧品は店舗内装でブランドの世界観を表現する(Bloomberg)
    化粧品は店舗内装でブランドの世界観を表現する(Bloomberg)

     デザインを保護するための改正意匠法が4月1日に施行される。今回の意匠法改正は過去に例のない画期的なものであり、ビジネスに大きな影響を与えそうだ。大きな改正点は、(1)画像デザインや空間デザインの保護対象の拡充と、(2)複数のバリエーションのデザインを効果的に保護する関連意匠制度の拡充──の2本柱である。本稿では、ビジネスに最も大きな影響を与える(1)について、紹介したい。

     ソフトウエアやアプリの操作画面など、画像デザイン自体は以前から意匠法の保護の対象となっていたが、保護の対象はあくまで画像を表示する物品(この場合は、パソコンやスマートフォン)そのものであった。このため、画像が物品に表示されること、画像のデータが物品に記録されること、という二つの制約があった。つまりは端末にインストールされていることである。

    残り1854文字(全文2213文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット