投資・運用金が上がる

中央銀行の金保有 ロシア、中国が大幅増加 米ドルへの依存減らす意図=山岡浩巳

    米国債の上得意客から脱却?(中国人民銀行) (Bloomberg))
    米国債の上得意客から脱却?(中国人民銀行) (Bloomberg))

     金(ゴールド)価格の上昇が世界的な注目を集めている。その背景の一つとして、ロシアや中国をはじめ新興国の中央銀行や当局が米国債の保有を減らす一方、金を買い増す動きが加速し、世界需要を高めていることもある。

     米財務省の統計から各国の米国債の保有状況をみると、中国は2017年12月の1・18兆ドルから19年12月には1・07兆ドルに、ロシアは同時期に1025億ドルから99億ドルに、それぞれ減少させている。一方、ワールド・ゴールド・カウンシルの統計から各国中央銀行の金保有量をみると、中国は17年第3四半期(7~9月)末の1843トンから19年第3四半期末には1948トンに、また、ロシアは同時期に1779トンから2242トンに、いずれも増加させている(図1、2)。

     全世界でみても、米国債の保有を減らし、金の保有を増やす傾向がみられ、世界の中央銀行による金保有高合計は19年第3四半期末で3万4501トンに上る。トルコやポーランドの中央銀行も2年間で金保有を倍増させた(図3)。

    残り1884文字(全文2323文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット