マーケット・金融コロナ恐慌

為替 ドル・円 6年目のドル高局面は終焉へ 1ドル=100円割れも否めず=唐鎌大輔

    緊急に貴重なカードを続けて切ったパウエルFRB議長(Bloomberg)
    緊急に貴重なカードを続けて切ったパウエルFRB議長(Bloomberg)

     2020年の経済・金融情勢を巡るシナリオは出はなから新型コロナウイルスの感染拡大によって大幅な狂いが生じている。とりわけ金融市場においては、あらゆる資産価格が苛烈な調整に直面しており、各国政策当局の動きも慌ただしさを極めている。

    政治圧力に屈したFRB

     その象徴的な動きが、3月3日の米連邦準備制度理事会(FRB)による緊急利下げだった。定例の米連邦公開市場委員会(FOMC)を2週間後に控えたFRBは急きょ、臨時会合を開催、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0・5%切り下げた。1回0・25%換算で7枚(1・75%)の利下げカードがあったところ、一気に2枚を出してしまった。

     しかし、この政策対応は不要不急としか思えないものだった。利下げで未知の疫病を治癒も根絶もできず、サプライチェーン(供給網)の寸断も復元できない以上、中央銀行(金融政策)に期待された役割は「時間稼ぎ」以外の何ものでもない。にもかかわらず、臨時会合まで開催して2枚のカードを使ってしまったことは正直、割に合わない。これから稼がなければならない「時間」を、なぜ焦って捨てたのか。政治的圧力に配慮した可能性…

    残り1990文字(全文2481文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事